ヘルプ

大黒屋光太夫の像

  • 9
  • 7
  • 1957

写真: 大黒屋光太夫の像

写真: 時の旅人 写真: 日野城(中野城)跡

鈴鹿市伊勢若松 近鉄伊勢若松駅前の大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)の像。大黒屋光太夫は遠州灘(静岡県の太平洋側)で船で遭難し、ロシアに行き、日本に帰ってきました。

お気に入り (9)

9人がお気に入りに入れています

コメント (7)

  • 夢穂

    映画化とかしませんでしたか? 外国人ぽい顔ですね

    2012年4月26日 13:59 夢穂 (161)

  • とろろ昆布

    もっとごついイメージの方かと思ってたら、意外にスマートなんですね。
    伊勢若松の駅前にその像があるなんて知りませんでした。
    船が遭難した挙句、ロシアに流れ着いて、まさかエカテリーナ2世に謁見させていただけるとは思わなかったでしょうね。

    2012年4月26日 14:26 とろろ昆布 (23)

  • ドラ狂

    夢穂さんへ、映画化してると思います。この顔は疑問です。

    toroさんへ、当時の写真があるわけでない、想像で像を作っておられると思うので、「実物=この像」は疑問ですが・・・。でも、同じ時遭難していた人が何人もロシア、シベリアで亡くなっているのに、大黒屋光太夫が無事、日本まで戻った、精神力はスゴイ(今だったら、他の遠い星まで行って戻ってくる(はやぶさで、行った星より何倍も遠い星へ、人が宇宙船に乗って)ようなものか)。

    2012年4月26日 19:08 ドラ狂 (91)

  • カマスキー

    椎名誠の「シベリア追跡」という本を読んで興味を持ち、井上ひさしの「おろしや国酔夢譚」も読みました。
    この像は僕の持っている光太夫のイメージとはかけ離れてはおりますが、こういった歴史があったのだと後世に残すのは重要なことですね。

    2012年4月27日 18:17 カマスキー (77)

  • ドラ狂

    カマスキーさんへ、全く同感です!

    2012年4月27日 19:51 ドラ狂 (91)

  • akachin

    私も「シベリア追跡」読みました!
    ちょっとイメージは違いますが、
    ロシア帰りですから当然かもしれませんね!

    2012年5月12日 20:05 akachin (41)

  • ドラ狂

    akachinさんへ、そうですか、ロシア帰りだと、こんな身なりになりますかね!?

    2012年5月12日 21:27 ドラ狂 (91)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。