Help

ジャスタウェイ(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(G?)出走馬)

  • 2
  • 421

Photos: ジャスタウェイ(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(G?)出走馬)

Photos: フェノーメノ(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬) Photos: ラキシス(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

撮影場所:中山競馬場(千葉県船橋市古作1丁目1番1号)

撮影日時:2014年(平成26年)12月28日(日)午後2時41分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX60V

その他:この馬の父は2006年(平成18年)11月26日(日)のジャパンカップ(G?)の10着を最後に競走馬を引退し種牡馬に登録されたハーツクライ、母はシビル、祖父はサンデーサイレンス(父方)とワイルドアゲイン(母方)、祖母はアイリッシュダンス(父方)とシャロン(母方)である。主な重賞勝鞍は2012年(平成24年)のアーリントンカップ(G?)、2013年(平成25年)の府中の天皇賞(秋)(G?)、2014年(平成26年)の中山の中山記念(G?)、ドバイのドバイデューティーフリー(G?)、安田記念(G?)である。『世界のジャスタウェイ』と呼ばれるようになったのは、ドバイデューティーフリーを優勝したからである。府中のジャパンカップ(G?)を2着(優勝馬はエピファネイア)後、陣営はこの馬をこの競走(有馬記念(G?))で引退させる事を表明しており、結果は4着。2015年(平成27年)1月4日(日)に京都競馬場で引退式を行い、登録抹消日は1月7日(水)。引退後はハーツクライの後継種牡馬に登録され、2015年(平成27年)の種付けシーズンから供用を開始し、その産駒は早ければ2016年(平成28年)に生まれ、2018年(平成30年)の第85回日本ダービー(G?)の翌週以降次々にてデビューする予定。繋養先はオルフェーヴルとロードカナロアも居る社台スタリオンステーション(JR北海道室蘭本線早来駅下車)である。

元画像(2048×1228)はコチラ。
[]

E★エブリスタ版はコチラ。
[http://estar.jp/.pc/_photo_view?w=23489982]
同サイトの元画像はコチラ。
[http://im39a.estar.mbga.jp/0/295/490003295.5000.jpg]

この馬のプロフィールはコチラ。
[http://db.netkeiba.com/horse/2009106461/]

[http://db.netkeiba.com/race/201406040810/]

Albums: Public

Favorite (2)

2 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.